残業代請求には常に証拠資料が必要となります

悩む人々

経営者とは、会社の利益追求が優先ですが、当然社員が残業を行い、その対価は支払うという事も重々理解しています。
残業未払いには様々な理由があるでしょう。事務の経理ミスや、ご自分の時間外申告漏れといった理由で、会社の経営が厳しいから、今回は言わない方がいいだろうなと考えている方もいるでしょう。
残業代請求とは、当然の義務であり、自分が働いた対価は会社へ請求してください。
そういう中、残業代請求については、必ず証拠が必要です。
例えばタイムカードです。今の時代、入退カードといったIC付カードが多くみられますが、このような勤怠記録はしっかり保管確保しておくとスムーズです。
次に、メールエビデンスの保管です。急な残業が発生、上長から支持を口頭などで受けた場合、メールでの残業報告を行う事も、エビデンスとして有効的です。
次に、就業規則の証明書です。入社時に説明を受けるのが一般的ですが、この資料は退職するまで必ず大事に保管しておきましょう。ご自分の身を守ってくれる資料です。
このような証拠をしっかり保管しておき、正々堂々と残業代請求は行ってください。どうしても会社に言い辛いという事であれば、法律事務所に相談するという事をお勧めします。専門的に、その人をキャリアに傷をつけないように処理してくれます。

未払いの残業代請求は自分でするよりも専門家に任せる方が確実

世の中には実にさまざまな会社がありますが、それらすべてが従業員に対して誠実であるとは限りません。中には正当な理由もなくいきなり解雇を告げてくるところもあります。こうした会社と従業員の間で問題になりやすいものが残業をしたにもかかわらず、その分の報酬が支払われないというものです。大概、こうした問題はサービス残業という言い方でごまかされてしまうケースが多いのではないでしょうか。即ち、その残業はあくまでも従業員の誠意で行われたものなので報酬は発生しない、ということです。これは確かに大きな問題になります。

未払いの残業代請求は可能です。法的にもそれは認められていますので、ちゃんとした手続きのもとで行われれば残業代は得られます。しかし、法律に関して知識の乏しい人がこれを行うことはかなり難しいでしょう。第一、残業をしたという証拠を会社側に隠されてしまえばそれまでです。残業代請求はやはり法律のプロフェッショナル集団である法律事務所に相談することが必要になります。法律事務所の弁護士に依頼をすれば、その要請によって会社側もタイムカードなど残業したという証拠の開示をしなければなりません。残業代請求を確実に行うためには、こうした法律の力が必要なのです。

残業も働いた対価!残業代請求はきっちり行いましょう

最近メディアでも話題になっていますが会社の為に残業を行ったのにも関わらず残業代請求を行っても取り入ってもらえないケースがあります。
良くあるケースが色々な納品物の期限が迫り、相手先との約束を守る為に残業をしてもらってでも納期を守ると言うスタンスで皆さんに残業をお願いしている訳ですので本来残業代請求は行う権利はあるのです。しかしよくあるケースが残業代請求をした時に「本来は定時内に終わらせられる業務なのに貴方の働き方が悪い」とか「残業代を払うつもりはない」と一括されてしまう場合があります。これらの会社はいわゆるブラック企業かも知れませんし、もしかすると社内のワークバランスを考えておらず、負荷が掛かる仕事ができるのが貴方しかおらず他の人はやりたくてもする事ができないと言う状況下にあるのかも知れません。その為、もし皆さんが残業をしたいと言うのであれば上司から指示があった業務内容とそれに掛かる自分の能力に見合った作業時間を計算し、会社側から要求があった時に出せる様に記しておく事が必要です。また確実に自分の能力を超えた過度な業務を押し付けられ、それを行う為に残業をしたのにも関わらず翌月にお給料に残業代が含まれていなかった場合には先ほどご説明した証拠を持って法律事務所に相談する事をお勧めします。

最新情報

残業代請求は法律事務所に相談するのをおすすめします

白いPC

会社で残業をしたのにその分が給与として支払われていないで困っている、という人は法律事務所に相談をするのがお勧めです。残業代は一般的には働いた分は支払うことが法律で定められています。そのため、法律の専門家である弁護士に相談をすることで残業代請求をスムーズにすることができます。残業代請求は、働く側からすると当たり前に持っている権利ですが自分一人では何から始めてよいかわからない、という人も多いので…

時計と労働者

もらうべき残業代は法律事務所に相談して残業代請求をしよう

サービス残業という言葉をよく耳にします。優良な企業であれば、残業した分は個々で申請や請求をし、正当な額がもらえます。最近では事前申請した時間のみ残業ができるというルールを設けている企業もあります…

もっと詳しく

指でバツ印

計算できない残業代請求は法律のプロにおまかせ

定時を過ぎて働いていたのに、残業代が給料に含まれていない。数十時間はしているのに、数時間分の残業しか明細には書いていない。休憩時間とされているが実際は勤務と変わらない。会社で働い…

もっと詳しく

お金と電卓

残業代請求は法律事務所に相談して有利に進めよう

定時を過ぎて働いても残業代が支払われず、泣き寝入りしてしまっているという方も多いのではないでしょうか。しかし、残業代の支払いというのは法律で義務付けられていることなので、諦めてしまう必要…

もっと詳しく

記事リスト