握手

計算できない残業代請求は法律のプロにおまかせ

指でバツ印

定時を過ぎて働いていたのに、残業代が給料に含まれていない。数十時間はしているのに、数時間分の残業しか明細には書いていない。
休憩時間とされているが実際は勤務と変わらない。
会社で働いていると、時にはそのようなことが起きます。労務管理の失敗を原因とすることもありますが、中には意図的に払わない悪質な企業も存在します。

残業代の支払いは法律で定められた義務です。未払いは食事をしたのにもかかわらず、支払いをせず帰ることと何ら変わりません。

そうはいうものの、いざというときにいくら残業代請求できるのでしょうか。
具体的な請求が形になっていなければ、話は始まらないでしょう。

所定労働時間や法定労働時間、残業代に関する調べ物をすれば言葉の意味は出てきます。
しかしその時間が自分の労働時間のどれを指しているのかわからなければ、請求につながりません。

残業代請求の際は、割増し賃金が発生することは良く知られていますが、どの賃金を基準にして割増しが発生するのでしょうか。
時給制で働く方はある程度わかりますが、そうではない勤務体系の方はどこまでが基準となる賃金になるのでしょうか。

わからないことが多い以上、いざ残業代請求する場合は、法と制度のプロである法律事務所に相談することをおすすめします。

最新情報

残業代請求は法律事務所に相談するのをおすすめします

白いPC

会社で残業をしたのにその分が給与として支払われていないで困っている、という人は法律事務所に相談をするのがお勧めです。残業代は一般的には働いた分は支払うことが法律で定められています。そのため、法律の専門家である弁護士に相談をすることで残業代請求をスムーズにすることができます。残業代請求は、働く側からすると当たり前に持っている権利ですが自分一人では何から始めてよいかわからない、という人も多いので…

時計と労働者

もらうべき残業代は法律事務所に相談して残業代請求をしよう

サービス残業という言葉をよく耳にします。優良な企業であれば、残業した分は個々で申請や請求をし、正当な額がもらえます。最近では事前申請した時間のみ残業ができるというルールを設けている企業もあります…

もっと詳しく

指でバツ印

計算できない残業代請求は法律のプロにおまかせ

定時を過ぎて働いていたのに、残業代が給料に含まれていない。数十時間はしているのに、数時間分の残業しか明細には書いていない。休憩時間とされているが実際は勤務と変わらない。会社で働い…

もっと詳しく

お金と電卓

残業代請求は法律事務所に相談して有利に進めよう

定時を過ぎて働いても残業代が支払われず、泣き寝入りしてしまっているという方も多いのではないでしょうか。しかし、残業代の支払いというのは法律で義務付けられていることなので、諦めてしまう必要…

もっと詳しく

記事リスト